読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A99M2がやって来た

注文から約2ヶ月で納品

出荷目安を知らせるメールが届いたのが25日。『ヤフオクで新品が31万程度で落札されているなー、未開封で返品すれば、差額でレンズ一本買えるなー。』なんて悪魔の囁きを振り払い、耐えること二日間、ようやく自分のところにもA99M2が届いた。発売から2ヶ月で早くも定価より10万も安い値で取引されている。A7系には見られない値動きで(SF少し不安)だ。

開封、そしてファーストインプレッション

開封の儀を撮影したが、液晶部の保護フィルムを貼るあたりで苦戦し、グダグダになってしまった。
ちなみに、フィルムはA77、A77M2、A99 、A99M2 共通の純正ハードタイプを購入した。

新品のバッテリーを装着し、タイムゾーンと日時を設定。MF時のピーキングやら保存画質(RAW+jpegL)、メモリースロットの振り分けなど、A99M1で使っていた設定をあれこれいじっている最中にバッテリーが切れた。
バッテリーFM500HもA77、A77M2、A99と共通なのは嬉しい。先代で使っていた予備に交換し、設定を終えた。設定自体はA99M1とほぼ同じで、新しい項目が追加された分選択項目が増えている。

よく言われているスティック型のマルチコントローラーの決定ボタン(中央押し込み)はA99M1からの乗り換えでも慣れるまで時間がかかりそうだ。

レンズをとっかえひっかえ付け替えて、AFの動きの違いを室内蛍光灯下で確かめてみた。純正ボディー内モーター駆動の35mmF1.4Gと、85mmF1.4ZAは明らかにAF速度が早く、迷いが無かった。
一方、24mmF2ZAはSSMだからかあまり違いは感じなかったのは意外だった。
Sigma50mmF1.4ARTはやや遅く感じた。フォーカスが決まってから、スーっとモーターが動いて止まるまで、心なしか1テンポ遅れる印象を受けた。これが相対的に遅く感じるのか、AFエリアが純正よりも狭く、中央のエリアが暗くピントの合いにくい状態だったからか、はたまたAF性能が制限されているサードパーティー製レンズのハンデなのか、もう少し使ってみないと結論は出ない。
高速なSDカードを買っていないのでとりあえずあるものを挿しておいた。今日の検証はここまで。

今後購入するレンズは純正を選ぶ方がストレスが少ないのかもしれない。お財布にはストレスフルだけどね。

SONY A99M2購入

SONY AからMicro Four Thirdsへ

SONY A99Mark2を購入した。

といってもまだ届いていない。

2016年12月5日にソニーストア10%OFFで予約、出荷は1月下旬になるらしい。

手元に届いていないのにブログを書くというのもアレだが、購入した経緯を書いておく。

A99 M1を約4年使ってきた。手持ちのレンズは35mmf1.4G、Distagon24mmf2ZA、Sonnar135mmf1.8ZA、135mmf2.8[T4.5]STF、Sigma150-500mmf5-6.3 DG OS HSM。写りには満足していたし、自分の使い方からすれば他社フラグシップに劣るAF性能や、もっさり重いレスポンスは問題ないと思っていたので、壊れるまで長く使っていこうと思っていた。しかし、カメラの前に体が壊れた(腰を痛めてしまった)。重い機材は整理して、重くかさばる望遠はMFTマウント、広角とボケはフルサイズAマウントに住み分けようと考えた。まだFEマウントのA7がデビューする前である。早速Sigma150-500と135ZAを売却。PanasonicGH4を購入した。どたらもレンズが揃っていない中途半端なWマウント体制になったわけだ。MFTのレンズラインナップはまたの機会に書こうと思う。

 

A99M1の出番が激減~A99M2購入

近年スマホWIFI機能の進歩と、電池の持ちがよくなったことで、カメラとスマホWIFI接続し、写真を気軽にアップできるようになった。自然とGH4の出番が増え、MFTのレンズは超広角、望遠、単焦点とAの領域を侵食しはじめた。

ボケとピント面の解像感と空気感はAの巨大なセンサーサイズが圧倒的に有利なので、なんとか出番を増やそうと、今の使用用途に合わせるためにPQIWIFI付きSDカードを差して持ち出してきたが、MFTのパナソニック LEICA DG NOCTICRON 42.5mm/F1.2購入を界にA99の出番は全く無くなった。STFを残してSonnar135ZAを処分したことも出番を減らした原因だったと思う。

さて、2016年11月25日、SONY A(Minolta?)ファン待望のA99M2が発売された。GPS機能が外されWIFI機能搭載、5軸手振れ補正、一回り小さくなったボディーサイズ(でも67g重い)、4K動画、4.2Mpixセンサー搭載。

そして、AF性能向上。ほとんどの人はハイブリッド位相差検出AFで野鳥、鉄道、航空機、サーキットの車と美女を追いかける目的でA99やA77M2から買い換え、買い増ししているのではないだろうか。(AFと連写性能以外は、A7R2の方が評価が高いし)

いずれも撮らない自分としては猫に小判なのはわかっている。7RM2には全く関心がなかったのに、どうしてもA99M2を使いたくなった。昨年から休日に体を動かして絞ってきた。資金は先代99M1とザコレンズどもをドナドナして調達。条件は揃った!ソニーストアでポチリ。

Sonnar135ZAを処分するとき、もう一度買い戻して使いたいというささやかな願望があった。Sonnarの叩き出す画の呪縛からはきっと逃れられないのだと思う。まだ当分買えないけどね。